Press

Jason Polan "Every Person in New York: Vol 2" in THE CUT

Wednesday January 27, 2021

Jason Polan was the city’s resident illustrator. “He was always on a street somewhere in New York, notebook in hand, following people, sitting off to the side, watching, a slight smile on his lips, this human seeing-machine saw and drew it all,” wrote Jerry Saltz last January, when Polan died of cancer at the age of 37. One of his final projects was to draw “every person in New York,” and he made it past 30,000 squiggly ink drawings....by Emilia Petrarca

Janette Beckman "El Hoyo Maravilla" in DAZED

Thursday January 14, 2021

One of the most striking aspects of this series of images is the gang’s aesthetic. Despite being taken in the early 80s, the pictures have a look of another era. Like most subcultures, HM’s unity, cohesiveness, and identity is expressed through the way they dress. “I think the Hoyo Maravilla style may reference the time of the zoot suit wars in 1943,” Beckman suggests. These infamous riots erupted in Southern California when this oversized style of tailoring became unjustly and irrationally associated with grandiosity and unpatriotism, due to the fact it required what was deemed an excessive amount of fabric...

Yurie Nagashima Interview in "She is" in Japan

Monday September 28, 2020

1990年代から写真家として活動し、「わたしの身体はわたしのもの」という主張を、表現を通じて発信し、多くの女性たちに勇気を与えてきた長島有里枝さん。昨年出版された著書『「僕ら」の「女の子写真」から わたしたちのガーリーフォトヘ』では、1990年代にHIROMIXさんや蜷川実花さんらと共に「女の子写真」と称された新しい写真潮流に対し、大学院で学んだフェミニズム理論を駆使した「異議申し立て」を行いました。アート棚だけではなく、社会学やフェミニズムの棚にも並び、多くの女性の手に届いた同著。「写真」を通して長島さんが行う問題提起は、私たちが毎日の暮らしの中で当たり前だと思って飲み込んでしまっている違和感に置き換えられ、気づきを与えてくれるように思います。

同著でも触れられ、長島さんが学生時代から24年間撮り続けている代表作品でもあるセルフポートレートの中から自身が選びぬいた写真集『Self-portraits』が、ニューヨークのDashwood Booksより出版されることになりました。「女性は所々で立ち止まって、自分の生活を見直さなくてはいけない場面にぶつかります」と、長島さん。一人の人間の“人生の変遷”をたどりながら、これまで経験してきた違和感について率直なお話を伺い、長島さんから溢れる希望に満ちたパワーをたくさんいただきました。